“音、踊る、快感”をテーマに、超熟した音楽家と、妖美なベリーダンサーによるスペシャルコラボレーション。
一夜限りの夢の共演をぜひお楽しみに!


開催概要

 

【日時】
10月25日(木)
open 18:30 start 19:30

 

【料金】
全席指定 ¥5,000(税込、飲食代別途)

 

【出演】

ツルノリヒロ(Violin)


作曲家・ヴァイオリニスト
’89年、CBSソニーより『月をつくった男』でデビュー、
ソロアルバムの他、映画・テレビなどの音楽も幅広く担当し、彼の音楽がメディアで流れない日はないと言われ、アルバムリリースは三十枚を超える。
2008年より韓国で、ソロコンサート、及びAcoustic Caféというグループを率い、毎年数回コンサートツアーを行い、日韓同時発売のアルバムは、毎回ニューエイジ部門の一位を獲得している。
最近ではボストンやニューヨーク、ドイツやタイ、フィンランドなどで公演をするなど、海外にも活動の場を広げている。

 

永島広 (Guitar)

様々なアーティストのツア-やレコ-ディングに演奏、作編曲、ディレクション等で参加。ウード(OUD)等の民族楽器でも演奏活動。
オリジナルプログレバンドでは4枚のアルバムをリリース。ソロとして 2007年に「OASIS ROAD」  2014年「Mind’s Eye」をリリース。
ソロ活動の他にツルノリヒログループとしても、 数カ国での海外イベントコンサート等に出演。
最近では趣味の料理をいかし、演奏の合間にお料理を出して楽しんで頂くという、「食と音楽のコラポライブ」を定期的に行い好評を得ている。

 

Ayako (Cello)

サントリーホール主催「デビューコンサートレインボー21」でデビューを飾る。
イギリスDartingtonSummerSchoolに参加、RobertCohenに師事する。
帰国後、日産(NISSAN)自動車、New LAUREL、三井住友銀行などのCMに出演、チェロを演奏する。
また、様々な分野のアーティストと、ソリストとしてコラボレーション活動を開始。
特に、ブラジルを拠点とするボサノバアーティスト、臼田道成氏とのコラボレーションは10年に及び、
そのデュオライブは高い評価を受けている。

2005年よりジブリ美術館にて上映されている、宮崎駿監督の短編映画[星をかった日]のサウンドトラックで、チェロを演奏。
2008年にはストリングスカルテット「ショコラ」を結成、宮崎駿監督作品の音楽を、ツルノリヒロのアレンジにより、CD化した。
また著書に「チェロ/クラシックコンサート」「チェロで宮崎駿アニメ・ベスト」(ドレミ音楽出版社)がある。
2009年、ニューエイジグループ「アコースティックカフェ」に参加。
9月に発売された新アルバム[For Your Tears]は日韓同時発売された。
以来、韓国にて年数回のツアーを重ね、ファンから熱狂的な支持を受けている。
2015年10月には、アルバム「Last Carnival」を、日韓で発売。
2015年2月 タイ・バンコクにてツルのワークショップにて演奏。
7月には「ツルノリヒロ・グループ」の一員として、フィンランド・ヘルシンキでの世界体操祭にて演奏をした。

 

大石智紀(Percussion)

東京コンセルヴァトアール尚美打楽器科在学時よりクラシック・パーカッションのみならず幅広く各国の打楽器に興味を広げ、様々な打楽器の習得に着手。
ロックバンド『DOKI DOKI パニック/フォーライフレコード』のパーカッショニストとしてデビュー。
以後、サポートミュージシャンとして多くのアーティストやバンドと共演やミュージカル、演劇、朗読とのコラボレーション等。
主な舞台は、東京幻堂『今昔舞踊劇 遊びの杜(東京 靖国神社公演)/怪~kwai~(山梨 甲斐善光寺公演)』、浅野温子『よみ語り』など。

 

ダンサー

 

IZUMI

 

Izumi Oriental Dance Studio主宰
一般社団法人日本ベリーダンス連盟理事
㈱ダイフブリッジ顧問 Bellyshape監修

幼少より踊りを学び、TV・舞台等で活躍した後、小松芳アラビア舞踊団にてインストラクターを務めた後、
「誰でも踊れるようになる」をモットーに、横浜にて自身の主宰スタジオIzumi Oriental DanceStusioを設立。

エジプシャンからターキッシュロマ、小道具を使った独自のスタイルまで、幅広いジャンルを踊れるダンサーそして講師でもある。
全国でWSを開催する他、世界各国でショーやWS講師としてよばれるなど、国際的にも活躍。
近年は、札幌校、名古屋校も立ち上げ、より幅広い層へのベリーダンスの普及に力を注いでいる。

2016 韓国Worldbellydanceconvention 日本人特別審査員
2017 Egypt Campneghum審査員&ゲストパフォーマー
2018 東京国際ベリーダンス大会審査員

 

E-chan

幼少期からクラシックバレエを学び、学生時代はチアーリーディング、演劇、アートパフォーマンスで数々の舞台に出演。
1999年にベリーダンスを始め、アルカマラーニ他、都内の数々のダンススタジオのインストラクターを経て、2009年に自身のスタジオ、E-chan Belly Dance Studio maruを創設。
オリエンタル、ジプシー、トライバルフュージョンなど、幅広いレパートリーを持ち、アーティスティックな世界観と表現による独創的なパフォーマンスを追求し、独自の振付作品を作っている。
現在、コレオグラファー、ダンサー、インストラクターとして自身のスタジオを中心に、都内ダンススタジオで多くのクラスを持つ。
生演奏によるベリーダンスライブを定期的に行い、様々なイベントに出演するほか、生徒を率いてお祭りやイベントに積極的に参加している。
また、全国各地に招かれてWSやショーを行っている他、海外からもゲストダンサーとして招かれるなど、国内外で活躍している。
URL http://studio-maru.com

 

KIYOKO

Shan dance art atelier 主宰
ベリーダンサー、コレオグラファー、インストラクター
2004年から al camarani dance oriental company MAHAに師事。
2014年 Shan dance art atelierをスタートさせる。
様々なジャンルのアーティストと共演。ライブ以外にも演劇やフォトセッションなど多岐に渡り自身でも振付、構成、演出、衣裳作成など総合演出をモットーとする。
2013~2016の3年間 スマホ専用放送局WALLOPにて
KIYOKOの千夜一夜ラジオのパーソナリティーを務める

Shan dance art atelier official HP
http://www.kiyoko-shan.com/

KIYOKOブログ
http://ameblo.jp/theraphim/

 

KANA

東京、豪州でベリーダンスを学んだのち、MAHA主宰のアルカマラーニダンスオリエンタルカンパニーに在籍、その後独立し「KANA Bellydance Arts」を開始する。
ベリーダンスショーをはじめ、大道芸、マジックショー、大使館パーティなど様々なイベントに出演する。
たびたび海外にも渡り、Randa Kamelなど世界的に有名な講師からも積極的に学ぶ。また海外からも、Yamila Ibrahim(アルゼンチン)を招聘しイベントを開催。
2015年Rakkas Istanbul(トルコ)ソロ部門準優勝
2017年 El fan night vol.6 (名古屋)ソロ部門3位入賞
2017年FID(韓国)Rising Starソロ部門優勝
2017年 Live Arabesque Festival(ドバイ) コンペティションファイナリスト
また、ピラティスインストラクターとしても活動中
http://www.kanabelly.com

 

 

主催:
有限会社トゥループロジェクト、KANA Bellydance Arts

共催:
イープラス・ライブ・ワークス

問い合わせ:
eplus LIVING ROOM CAFE&DINING TEL 03-6452-5650(平日11:00~18:00)

 

 

【チケット情報】
e+(イープラス)
一般発売 7月29日(日) 12:00~

チケットはこちらから!

 

注意事項:

※未就学児童の膝上鑑賞可。座席が必要な場合はチケット必要。
※別途1FOOD、1DRINKのオーダー必須。
※お席は相席となる場合がございます。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。