野外で楽しむクラシック音楽祭「イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018」を
盛り上げるスペシャルウィークが渋谷・リビングルームカフェで開催決定!
フェスティバルの出演者が日替わりで登場するスペシャルな4日間をお見逃しなく!


開催概要

【日時】
7/3(火) open18:30 start19:30

【出演者】

藤田真央 (ピアノ)

1998年東京都生まれ。3歳からピアノを始める。
2017年、東京音楽大学1年在学中に、第27回クララ・ハスキ ル国際ピアノ・コンクールで優勝。併せて「青年批評家賞」「聴衆賞」「現代曲賞)」の特別賞を受賞し、一躍世界の注目を 浴びる。
2010年台湾で開催された世界クラシック ピアノ・コンクール(ジュニア部門)優勝、全日本学生音楽コンクール(小学校の部)第1位、2013年オーストリアで開催されたロザリオ・マルチアーノ国際ピアノ・コンクール、2015年中国で開催された若い音楽家のためのモーツァルト国際音楽コンクール第1位 、2016年浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位、アメリカで開催されたジーナ・バッカウアー国際ヤングピアノコンクール第3位など、国内外での受賞を重ねる。
2013年津田ホールにて初めてのリサイタルを開催。以降、国内はもとより、ショパン国際音楽祭(ポーランド)、世界のアッシジ音楽祭(イタリア)、バート・ラガッツ次世代音楽祭(スイス)などの音楽祭に招待されリサイタルを行っている。
これまでに、現田茂夫、飯森範親、大友直人、レイ・ホトダ、クリスティアン・ツァハリアス、リュー・ジア、リッカルド・ミナーシ各氏の指揮により、東京都交響楽団、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ユタ交響楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、マカオ管弦楽団等のオーケストラと共演。
2013年には、ナクソス・ジャパンから若い世代の音楽家のための新レーベル「ナクソス・クレッシェンド」第1号として、デビューアルバム「MAO FUJITA」(NYCC-10001)、2015年には「ヤング・ヴィルトゥオーゾ」(NYCC-27296)をリリースし、高い評価を得ている。2018年5月には最新盤「パッセージ」をリリース。
現在、特別特待奨学生として東京音楽大学1年ピアノ演奏家コース・エクセレンスに在学中。ピアノを野島稔、鷲見加寿子、佐藤彦大の各氏に、ソルフェージュを西尾洋氏に師事。
平成29年度公益財団法人青山財団奨学生。

【予定曲目】
モーツァルト:幻想曲(未完)ニ短調 K.397
モーツァルト:ピアノソナタ第18番 ニ長調 K.576
サティ:ジュ・トゥ・ヴー(お前が欲しい)
ドビュッシー:ベルガマスク組曲より「月の光」
リスト:「巡礼の年第2年イタリア」よりペトラルカのソネット104番
リスト:「巡礼の年第2年イタリア」よりダンテを読んで-ソナタ風幻想曲

【チケット発売情報】
e+(イープラス)にて
一般発売 6/9(土)12:00~

チケットはこちらから!

【料金】
全席指定:3,000円(税込、飲食代1フード1ドリンク別途)
※別途飲食代1フード1ドリンク必須
※お席は相席となる場合がございます
※未就学児童入場不可
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。