山田タマル (シンガー/ソングライター)

2006年資生堂〈マキアージュ〉タイアップ曲「My Brand New Eden」でメジャーデビュー。以降、テレビやコマーシャル、アニメ、舞台の音楽等、数々の作品を手掛ける。
(BS-TBS「大沢たかお インカ帝国 隠された真実に迫る」「カリブ海縦断5000km 大森南朋 奇跡の楽園」「ミステリアス・アメリカ〜生物大絶滅と縄文人の謎」「徳さんのお遍路さん 四国遍路八十八ケ所 心の旅」/ 新菱冷熱工業CM/TVアニメ「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」PV曲・挿入歌/トルコ至宝展特別番組テーマ曲 等)

世界的人気のアニメ、新シリーズ「フルメタル・パニック Invisible Victory」の主題歌を手がけ、主題歌集をリリース。ヒットを記録し、大きな注目を集める。同年ソニー・ミュージック・ダイレクトより自身初のベストアルバム「山田タマル ALL-TIME BEST とっくに愛してる」をリリース。

2020年5月には、プロデュースも手がけたトリオアルバム「VITA NUOVA」を、12月にはフルアルバム「AQUARIUS」をリリース。また、音楽のみならず、舞台やドラマに出演する等、表現者として多彩に活動の場を拡げている。

http://www.tamaru-web.com

永田ジョージ (ピアノ)

柔軟でメロディアスな演奏で音楽への愛情を表現する、旅するピアニスト。

フロリダで生まれ、東京、ロンドンとペンシルバニアで育つ。クラシックピアノを4歳から習い、18歳でジャズに出会う。20代後半でサンディエゴに留学し、海原とシンクロナイズするウェストコースト・サウンドを体感する。帰国後は世界各国のミュージシャンとコラボレートし、自身のバンドTriple Standardと共に日本・アジア・ヨーロッパのジャズフェスティバルに招聘される。

ジャズ、ポップス、ワールドミュージックのアルバムを8枚リリースすると同時に、演劇・ダンス・ライブペイント・ランウェイ等とのコラボレーションにも携わる。2016年、インストバンド「いちむじん」に参加し、キングレコードよりアルバムをリリースし、ブラジル、メキシコ、米国及び日本各地のコンサートホールで公演をおこなう。

自己主張をしすぎない演奏スタイルは水や空気にたとえられ、幅広いオーディエンスに受け入れられている。

http://groovepockets.com/


【Living Live】

18:00~、19:00~
1演奏30分間、2回行われます。