OTOARTとは?
音が見えてくる?!
音は聴くだけじゃなく、感じて、そして見えてくるもの!
子供たちの想像力、インスピレーション、創造力を最大限に引き出す「OTOART」プロジェクト


4回目のOTOARTは、ダンスとのコラボレーション!
OTOARTのコンセプトそのままに、ステージで繰り広げられるパフォーマンスが、いつのまにかステージと一体化し、お子様から大人まで、皆が自然と参加したくなるような空間が演出されます。


松田理奈|LINA MATSUDA (Vln)


東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2007年に同大学、2010年には同大学院をそれぞれ首席にて卒業。1999年に初ソロリサイタルを開催した後、2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、同コンクール史最年少優勝。2002年にはトッパンホールにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。2007年、サラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。第12回ホテルオークラ音楽賞、秋吉台音楽アカデミー賞受賞、2013年新日鉄住金音楽賞受賞。
これまでにNHK交響楽団室内オーケストラ、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、ヤナーチェクフィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など国内外数々のオーケストラや著名指揮者と共演。
2006年ビクターエンタテインメントよりデビューアルバム『ドルチェ・リナ~モーツァルト2つのヴァイオリン・ソナタ他』をリリース。全国ツアーを各地完売で沸かせた後、2008年巨匠パーヴェル・ギリロフと録音した『カルメン』、2010年には紀尾井ホールにて清水和音とのリサイタルをライブ収録した『ラヴェル・ライブ』をリリースした。同年収録のイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲集は、「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ばれた。

Aokid|アーティスト(ダンサー)

(c)ShinichiroIshihara
1988年東京生まれ。
14歳よりブレイクダンスを始める。2008年世界大会BOTYに日本代表チーム廻転忍者のメンバーとして参加。
大学在学中よりダンスからパフォーマンス、ドローイング、イベントなどに発表方法が拡張していく。
東京造形大学映画専攻を卒業後、ダンスカンパニーなどに参加した後、架空の街を作るをコンセプトにAokid cityプロジェクトを開始する。
2016年、個展『僕は”偶然のダンス”の上映される街に住んでいる。』@ガーディアンガーデン。
2016年、横浜ダンスコレクションコンペ1にて『フリフリ』が審査員賞を受賞。
また代々木公園にて様々なアーティストが移動しながらパフォーマンスを発表していくゲリライベント”どうぶつえん”などをキュレーションする。
現在は、上演作品や展示、イベントまたはワークショップなどそれぞれの違いや接点を見つけること、それを共有ルールとして使えるレベルまでの正体として発見しようと制作や活動において探し、意識を向けている。

米津真浩|TADAHIRO YONEZU (Pf)

千葉県立幕張総合高校を経て、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。
同大学院を首席で修了。
第76 回日本音楽コンクールピアノ部門 第2 位入賞。岩谷賞(聴衆賞)を受賞。
大学院修了後、東京音楽大学非常勤助手を勤め、更なる研鑽を積むため、
2013年・2014年度ローム・ミュージックファンデーション奨学生としてイタリアの名門イモラ音楽院へ留学。
2015年冬より拠点を日本へ戻し本格的に演奏活動を開始。

【サンデー・ブランチ・クラシック】

開演時間 13:00~

出演者:松田理奈/Aokid
米津真浩

公演内容:
フランク:ヴァイオリンソナタより抜粋(予定)
体験型イベントとなります。内容は当日いらしてからのお楽しみ!

ご予約はこちらから

※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。