【出演】

内田 勘太郎(うちだ かんたろう)

1970年憂歌団結成。1975年、そのリードギタリストとしてレコードデビュー。ブルースを基調にした独自の世界で全国を席捲し、熱狂的な人気を誇った。その天才肌のギタープレイの評価は高く、日本を代表するギタリストとして名を馳せる。カルピスの瓶首を使ったスライド奏法も有名。数々の有名アーティストとのセッションやレコーディング、CM音楽なども多数手がける。
1998年、アルバム『マイ・メロディ』でソロデビュー。教則DVD3作もロングセラー。
1999年より活動休止していた憂歌団は2013年に再始動し、2014年には新メンバーに新井田耕造(d.)を迎え大阪フェスティバルホール、日比谷野外音楽堂での単独公演を開催。同年、木村充揮との憂歌兄弟としての活動もスタート、アルバム『憂歌兄弟』をリリース。さらにソロでは全編インストの圧倒的なブルース・アルバム『DES’E MY BLUES』も発表した。
2016年、初のエッセイ集「内田勘太郎 ブルース漂流記」を刊行。同年、通算8枚目のソロ・アルバム『DEEP BOTTLE NECK GUITAR』をリリース。15歳の時に始まったブルースの旅は半世紀近くを経て、今、デルタブルースに回帰。
1954年生まれ。1995年より沖縄在住。

 

【ゲスト】

ダイアモンド✡ユカイ

1962年 東京生まれ。
1986年、伝説のロックバンド「RED WARRIORS」のボーカルとしてメジャーデビュー。人気絶頂期の1989年わずか3年の活動で西武球場、日本武道館公演を最後に解散。
その後、「ダイアモンドYユカイ」として、ソロ活動を開始する。
現在は音楽活動を中心に舞台・映画・バラエティー番組に出演するなど幅広く活動する。
2016年には、ミュージカル「ミス・サイゴン」にエンジニア役で出演し帝国劇場のセンターに立つ。
私生活では47歳にして自身の男性不妊を乗り越え長女を授かる。
2011年に自身の不妊治療と夫婦の愛と葛藤の日々を綴った「タネナシ。」を発刊し大きな反響を呼んだ。現在1女2男の父親。

 

オフィシャルブログ https://ameblo.jp/diamondyukai/

 

開催概要

 

【日時】
8月21日(火)
open 18:30 / start 19:30

 

【料金】
全席指定
一般 ¥4,500(税込、飲食代別途)
学割(大学生以下) ¥2,500(税込、飲食代別途)
※別途飲食代1FOOD、1DRINKのオーダー必須
※学割チケットをご利用のお客様は、必ず学生証をご持参ください。(小学生以下は不要)

 

【チケット情報】
e+(イープラス)
プレオーダー 6/17(日)12:00~6/24(日)21:00
一般発売 7/1(日)12:00~

チケットはこちらから!

 

主催:
イープラス・ライブ・ワークス
制作:
極東楽音

問い合わせ:
eplus LIVING ROOM CAFE&DINING TEL 03-6452-5650(平日11:00~18:00)

 

注意事項:
※お席は相席となる場合がございます。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。
※未就学児童の膝上鑑賞可(保護者1名につき子供1名まで。お席が必要な場合は要チケット(学割可))
※お子様連れのお客様は周りのお客様へのご配慮をお願いいたします。万が一お客様同士で問題が発生しましても主催者・出演者・運営・会場は一切の責任を負いません。
※学生の方は自己責任のもとでご来場ください。万が一問題が発生しましても主催者・出演者・運営・会場は一切の責任を負いません。
※いかなる場合もスタッフの指示には必ず従ってください。