開催概要

【日時・演目】

10月20日(火)
開場 18:30/開演 19:15

演目:「死神」

10月21日(水)
開場 18:30/開演 19:15

演目:「紺屋高尾」

全席指定 一人掛け席or二人掛け席 ¥4,000(税込、1ドリンク別途)

チケットはこちらから

【チケット情報】
e+(イープラス)

一般発売【リアルライブチケット】 9/26(土)10:00~

 

【プロデューサー】

春風亭一之輔

【ゲスト】

10月20日(火) 江戸家小猫 (動物ものまね芸)

1977年、東京生まれ。江戸家猫八(四代目)の長男。2009年、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科に入学。2011年、江戸家小猫(二代目)を襲名。ウグイス、カエル、秋の虫、江戸家伝統の芸はもちろんのこと、ヌー、テナガザル、アルパカなど、鳴き声を知られていない動物のネタも多数。2017年に花形演芸会の銀賞、2018年に金賞、2019年に大賞を受賞。2020年に浅草芸能大賞の新人賞を受賞。同年、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

 

10月21日(水) タブレット純

幼少時よりAMラジオを通じて古い歌謡曲に目覚め、思春期は中古レコードを蒐集しながら愛聴、研究に没頭する日々を送る。高校卒業後は古本屋、介護職などを経て27才の時、ある日突然ムード歌謡の老舗グループ、和田弘とマヒナスターズに芸名「田渕純」としてボーカルで加入以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動した。グループ解散後都内のライブハウスにてネオ昭和歌謡、サブカル系のイベント出演の他、2011年1月、寄席・お笑いライブにも進出。ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在となっている。

 

注意事項:
※未就学児童入場不可
※二人掛け席は、ご家族、お知り合い同士でご購入いただく対面を避けた二名掛け席となります。二名掛け席を1席分として購入することはできません。
※別途飲食代1ドリンク必須
※感染症対策のため、ご飲食のご注文は、開演の15分前で終了いたします。必須でご注文いただく1ドリンクについても同様となりますため、お早目のご来場をお願いいたします。
※当会場は座席や家具レイアウトの都合上、楽器編成や演出によってステージの見え方に違いがあり、全体が見えにくいお席も含まれます。予めご了承ください。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。
※ご入場時にご本人確認をさせていただく場合がございます。

会場運営に関する店舗のご案内はこちらからご確認ください。

 

※当公演はStreaming+による配信でもご案内がございます。視聴券購入はこちらからご確認ください。

視聴ご利用ガイド:
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

公演に関する問合せ:
info_live@epluslw.co.jp