eplus LIVING ROOM CAFE & DININGにて定期的にシアターオーケストラトーキョーのメンバーがライブ演奏に出演させて頂くことになり大変嬉しく思っております。
シアターオーケストラトーキョーはバレエ公演専属のオーケストラとして発足し、2005年よりK-BALLET COMPANYの全ての公演で共演させて頂いています。音楽はバレエ芸術において最も重要な要素であり、その奏でられる音色は私自身の作品だけではなく、日本におけるバレエ舞台を牽引していると言っても過言でない、私が一番信頼しているオーケストラです。今では、バレエ公演にとどまらず様々な音楽コンサートで幅広い活動をしており、日頃は60~70人の大所帯で演奏していますが、このように楽器ごとのユニットでの演奏はまた違った意味での聴きごたえがあるものだと思います。
ライブでしか味わえない臨場感や空気感を存分にお楽しみ下さい。
今後ともシアターオーケストラトーキョーそしてK-BALLET COMPANYのご声援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

K-BALLET COMPANY芸術監督 熊川哲也


国内初のバレエ専門オーケストラとして、2005年に劇場を主な活動の場として結成され、熊川哲也K-BALLET COMPANYの専属オーケストラとして年間数多くの公演を行うシアターオーケストラトーキョーより、首席奏者によるクラリネット・トリオです。

シアターオーケストラトーキョー公式HP

クラリネット・トリオ(中村めぐみ×寺田達郎×須関裕子)
~クラリネットの魅力「クラリネット・トリオ」全曲演奏~

<曲目>
19:30 ベートーベン作曲:クラリネット・トリオ Op.11 「街の歌」
20:30 ポッパー作曲「ハンガリアン・ラプソディ」、ピアソラ作曲「天使の死」、ほか
21:30 ブラームス作曲:クラリネット・トリオ Op.144
※曲目・演奏順は変更となる場合があります。

中村めぐみ Megumi Nakamura(Cl.)
東京藝術大学卒業。同時にシエナウインドオーケストラ入団。また、オーケストラ、ミュージカルオーケストラ、ソリスト、室内楽、スタジオワークなどで活動を続ける。
東京クラリネットアンサンブル、東京クラリネットフィルハーモニーのメンバーとして公演、CDセッション等に参加。シエナW・Oでは、多数の公演、CDセッションでコンサートマスターを務める。現在、洗足学園音楽大学、桜美林大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校、非常勤講師。

寺田達郎 Tatsuro Terada(Vc.)
チェロを久保田顕、中尾恵子、毛利伯郎、林俊明、チョー・ヨン=チャンの各氏に師事。
これまでに第11、13回宮崎国際音楽祭、東京チェロアンサンブル、ヤングプラハ国際音楽祭ガラコンサート、めざましクラシックス、Hot Springs Music Festival等に出演。
またトリオムジークケラーのメンバーとしてピティナ主催のピアノトリオ全曲録音に取り組んでいる。大阪交響楽団を経て各地のオーケストラで客演首席奏者として多数出演。現在、シアターオーケストラトーキョー首席チェロ奏者。

須関裕子 Hiroko Suseki(Pf.)
桐朋女子高等学校音楽科2年在学中に、第2回チェルニー=ステファンスカ国際ピアノコンクールにて第1位、併せてステファンスカ賞、遠藤郁子賞受賞。翌年ポーランド各地でリサイタルを行う。第18回園田高弘賞ピアノコンクール第3位。第16回宝塚ベガ音楽コンクール第1位。第3回国際室内楽アカデミー(ドイツ)にてグランプリを受賞。
桐朋学園大学音楽学部卒業、同研究科を首席修了。野平一郎氏プロデュース「ピアノ伴奏法講座」2008~2010年度受講生。
ソリストとして、秋山和慶氏指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団、長田雅人氏指揮・ふじのくに交響楽団、新田孝氏指揮・ニッポンシンフォニー、鈴木秀美氏指揮・静岡交響楽団、東京フィルハーモニー室内合奏団と協奏曲を共演。NHK-FMやTOKAIケーブルネットワーク「静響アワー」等に出演。
室内楽・アンサンブル奏者として国内外の音楽家からの信望も厚く、堤剛氏をはじめ、多くの演奏家のリサイタルやCD等で共演している。
これまでに穐吉慶子、寺西昭子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、野平多美の各氏に師事。
桐朋女子高等学校および桐朋学園大学非常勤講師(ナンバリズミック)。

【Living Live】
19:30、20:30、21:30 1演奏20分、3回行われます。