【出演】

佐藤竹善

SING LIKE TALKING のボーカルとして’88年にデビュー。’93年『Encounter』、’94年『Togetherness』の両アルバムはオリコン初登場1位。現在まで13枚のオリジナル・アルバムを発表、総売上300万枚以上を記録している。その活動と平行して’95年に発表したカバーアルバム『CORNERSTONES』から本格的にソロ活動開始。’07年リリース『INDIGO』は、雑誌『ADLIB』によるアドリブ・アワード2007の国内グランプリを受賞。2013年に25周年を迎えた SING LIKE TALKING の集大成となるオールタイムセレクションアルバム、『Anthology』を、2015年2月にリリース。
その他、多数のアーティストのレコーディング参加、楽曲提供やプロデュースなども行い、高い評価を受けている。
2016年、6作目となるカバーアルバムシリーズ、「CRONERSTONES 6」を新日本フィルハーモニー交響楽団との共演でリリース。東京フィルハーモニー交響楽団と一夜限りのライブを文化村オーチャードホールで行った。
2015年より、2018年の SING LIKE TALKING のデビュー30周年に向けたカウントアップ・スペシャルライブ企画がスタート。
第1弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜 」(2015)、
第2弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky ~シング・ライク・ホーンズ~ 」(2016) を行い、大好評を博す。
第3弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~」は2017年8月、中野サンプラザホールで行い、2日間 SOLD OUT。
SING LIKE TALKING デビュー 30 周年に向け、ますます精力的な活動を行っている。

 

 

 

秋田慎治

 

’97年渡米し、中村照夫、Stanley Turrentine、Hubert Lawsらと共演、’00年帰国。
帰国後はその幅広い音楽性を元にTOKU、阿川泰子、マリーン、今陽子、土岐英史、サリナジョーンズ、矢沢永吉、森山良子などをサポートする傍ら、「東京JAZZ2005」他、多数のジャズ・フェス等に参加。
’06年1stアルバム『moments in life』を日本、韓国でデビュー。’07年、初のレギュラーTV番組”Groovin’ Jazz Night”(BS朝日)が好評を博す。’10年2ndアルバム『fiction』をリリース、収録曲”prelude to eternal”は洋服の青山TVCMに起用される。’12年には高須クリニックCM曲を作曲、自らもピアニスト役で出演。同曲を収録したソロピアノアルバム『CIRCLE』を ’13年に発表。
’16年4月からはレギュラーラジオ番組”GINZA JAZZzzzz supported by 銀座三越”(TOKYO FM)も始まり注目を集める中、’16年7月、4hアルバム『time -10』をリリース、多様な音楽性を一枚にまとめた。

 

 

Special Guest:露崎春女

 

 


開催概要

 

【日時】

10月3日(火)
開場 18:30/開演 19:30

 

【出演】

佐藤竹善
秋田慎治
Special Guest:露崎春女

 

 

【料金】

全席指定 ¥6,000(税込、飲食代別途)

※お席は相席となる場合が御座います。
※別途飲食代1フード1ドリンク必須

 

 

【チケット受付】

座席選択先着先行 2017年8月16日(水)12時~2017年8月23日23時59分(水)
一般発売 2017年8月26日(土)10時~

チケット購入はこちら↓

http://eplus.jp/chikuzen-sll/