Arisa Safu w/ Kazuki Hayashi
Arisa Safu (Vo/Gt), Natsuki Kurai (Harmonica), Kazuki Hayashi (Perc)

Arisa Safu(アリサ・サフ)/プロフィール
シンガー、コンポーザー。
“横浜の名門ライブハウス「サムズアップ」経営”という完璧な音楽環境の家庭に生を享け、幼少よりドゥービー・ブラザーズ、デヴィッド・リンドレー等骨太なルーツミュージックを根幹としたライブ体験をその身体に深く刻み込む。
3歳より自身も楽器を演奏するようになり、ヴァイオリン、ピアノ、サックスに親しむ。
インターナショナルスクール卒業後、カナダ、モントリオールのマギル大学に通い、一旦は、動物学の研究に没頭するも、サイの継続的生存に関してのアフリカ・フィールドワークの中、5ヶ国語を駆使してもコミュニュケーションが取れぬ状況下、歌うことで真意を伝えられたことが切っ掛けとなり、音楽活動への回帰を決心する。
その後の活動は目覚ましく、2007年、サックスプレイヤーとして参加していたバンドがカナダ代表としてロンドンで行われたGBOB世界大会でTOP15。2009年、自身のバンド「Arisa Safu and the Rovers」を結成。GBOB世界大会で日本決勝まで残りベストアーティスト&ベストボーカル賞を受賞。2010年、FUJI ROCK アヴァロンステージ出演。2011年、KDDI自由視点映像の題材として抜擢され、CEATECデビュー。
しかし、順風満帆と思われた2012年、自らの意思でバンドを解散。出自より深く刻まれた、ブルース、カントリー、R&B、ロックンロールをより研ぎすまされた表現形態にするべく、弾き語り、シンプルなベースレス・トリオロック等さらに太く、深いヴォーカルスタイルを追求。2013年2月、ソロ活動後の一つの完成形とも言えるアルバム「Me」をリリース。2013年12月待望のフルソロアルバム「Chasing The American Dream」をリリース。以後、活動拠点をアメリカ:ロサンジェルスに移し、そのジェネレーション、ジャンルを超越した普遍的ロックマインドに増々磨きをかけている。

Kazuki Hayashi(drums)/プロフィール
幼少期より父親であるドラマーの林立夫の影響で多くの音楽に触れ、14才からドラムを演奏し始める。 これまでにムッシャかまやつ/小坂忠/大貫妙子/KOJIMA(山嵐)/kentarowなどのバックでドラムを叩くなど幅広いアーティストと共演している。また山嵐のTAKESHIプロデュースによ2013年にリリースされた”Ally & DiazⅡ”に参加し、Kj from Dragon Ash、Leyona、RYUZO from R Rated、JESSE from RIZEの作品に参加。
現在はArisa Safu Band、MONOLESSを中心に活動中。またドラマー以外にトラックメイカーとしても活動しており、2014年には自身初となるセルフプロデュースアルバム”High boy, chillist”をリリースするなどドラマーの枠に留まらず様々なスタイルで活動している。

【Living Live】
演奏は18:30~21:00の間に1セット20分×3回行われます。