永見行崇 (pf)
5歳よりクラシックピアノを学ぶ。九州芸術工科大学芸術工学部音響設計学科卒業後、N.Y.にてジャズピアノを、西アフリカのセネガルにて民族打楽器サバールを学び、2001年から4年に渡り劇団四季ミュージカル「LIONKING」に打楽器奏者として出演。
ピアノの打楽器的な側面を生かしつつメロディアスに音をつむぎ、大学で学んだ聴覚心理学を生かし、心と身体に響く音をデザインし続けている。
日本的な情景を映し出す独特な“間”、幻想的な旋律と響きに満ちたピアノによるオリジナル曲を主体としたソロアルバムを5枚発表。
世界中のリズムやメロディーをバランスよく取り入れたアレンジとトラック制作を得意とし、現在は関東を拠点としてライブ活動のみならず、映画やTV番組などへの楽曲提供、サウンド・プロデュースなど、幅広く制作活動を行っている。

 

新井 みつこ(CELLO)
東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学器楽科卒業。在学中にローム財団の助成を受けて、スイスでの音楽セミナーに参加。卒業後はプロオーケストラや室内楽などで演奏活動を行う。元埼玉県立芸術総合高等学校 非常勤講師。
TVでは「僕らの音楽」やNHK「トップランナー」などでJ-POPアーティストのサポートをつとめ、ドラマ「家政婦は見た」や2010年ベルリン国際映画祭 銀熊賞受賞で話題になった「キャタピラー」では演奏を担当。
Jazzのアーティストでは、チックコリア、ジムホールのコンサートにストリングスメンバーとして出演。また日本人Jazzピアニスト菅野邦彦氏と一緒に演奏する機会を得、刺激と感銘を受ける。クラシックをベースに持ちながら、Jazzや即興演奏に興味を持ち、能や狂言、浪曲、舞踏などとのコラボレーションと活動は幅広い。
また 、現在は一児の母。?身近に生の音を体験できる活動がしたいと立ち上げた子供向け音楽ユニット「ぼさぼさの樹」で保育園や幼稚園で演奏活動を行いアットホームなミニコンサートも企画している。
2017年7月にはAmazon recordより、ピアノとチェロのデュオのCD「雨の森」を発売。

 

【Living Live】
19:30、20:30、21:30 1演奏20分、3回行われます。