【公演延期のお知らせ】
1/7(木)に予定されておりました、【Living Live】朝香“あさぴ”智子×浅野 祥×高嶋 英輔 ~ピアノと三味線とバイオリンと…~公演は、

コロナ感染増加に伴い延期となりました。

延期公演の日程は現在調整中です。


ストリート・ピアノを舞台に大活躍する “あさぴ”こと朝香智子と、
新時代を駆け抜ける天才三味線プレイヤー浅野 祥と、
そして、インストバンド“style-3!”のメンバーとしても大人気のバイオリニスト高嶋英輔。この超絶技巧を誇る3人
が、リラックスしながら奏でるカフェライヴ。


出演

朝香智子

ピアノYouTuber“あさぴ”でも大活躍の中、75万回再生を突破し世界中から賞賛を受けた「Englishman in New York」で
バズブレイク中のピアニスト。大学在学中にソロ活動を開始。ガールズバンド「mogahoop (モガフープ) 」に加入した
のを機に、鍵盤弾きとなる。現在の地元・湘南で、700年の歴史を誇る鎌倉・光明寺にて、ピアノソロ・ライヴを毎週
開催し、さらに、その光明寺の四季を描いたピアノソロCD「光跡-LOCUS-」をリリース(2016.10.03全4曲)。2018年ソ
ロ・アルバム『SEASIDE RAINBOW』を、そして2019年3月、全世界でダウンロード数2,100万以上の大ヒット音楽ゲ
ームアプリ『DEEMO』の公式ピアニストとしてYAMAHAよりCDリリース。そのアルバムのメインアクトとして参加し、6月にZEPP Divercity Tokyoで行われたRayark Wonderlandではその収録曲を演奏し好評を得る。同年5月には第15回
桂座音楽賞のグランプリを受賞、9月にはアルバム『アニメ・ピアノ・フォレスト』を、2020年5月にはピアノ王 ジェ
イコブ・コーラー、そして、瀬戸一王が参加した最新作『ピアニスタ・イン・トーキョー』をリリース。11月からコス
モプラネタリウム渋谷の音楽を担当。さらなる注目を浴びている。

浅野祥

2007年17歳でビクターエンターテインメントより「祥風」でメジャーデビュー。以降、コンセルトヘボウ(オランダ
)、ケネディ・センター(アメリカ)でのコンサートをはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、カナダ、アジア各国でもコン
サートツアーを行うなど、海外に向けても積極的に発信する。民謡、Classic、Rock、Jazz、Pops、フラメンコなどジャ
ンルにとらわれない演奏スタイルにより、石川さゆり、山下洋輔、宮沢和史、早乙女太一など、様々なアーティストと
共演する。中学生時には元BOØWY・高橋まこと(ドラム)とバンドを組んでいた。自身のアルバムでは世界的なミュ
ージシャンとの創作にも取り組み、ジャズ界の巨匠ウィル・リー(ベース)や、同じくジャズ界の若きスタープレイヤ
ー、マーカス・ギルモア(ドラム)、2度グラミー賞に輝いたリチャード・ストルツマン(クラリネット)らとアルバ
ム制作を行う。一方、和楽器奏者としては初めて日本最大級の音楽フェス『MONSTER baSH』に3年連続で出演する
など、様々な野外ロックフェスやジャズフェスへの出演を果たす。近年では”日本遺産×芸能”をテーマに掲げる文化庁
主催『ニッポンたからものプロジェクト』への参加など、日本文化の掘り起しや普及にも積極的に取り組む。このよう
な国内外に向けて日本の伝統文化である津軽三味線の魅力を発信していく活動が認められ、浅野の活動が令和元年より
政府公式プログラム「beyond2020」の承認事業プログラムに正式決定した。本来の民謡、古典芸能の追及はもちろん
のこと、幅広い世代に三味線の魅力を伝えるべく、津軽三味線の可能性を追い求める孤高の若き津軽三味線奏者。

高嶋英輔

インストバンドstyle-3!、ソロ活動において、バイオリンの演奏、作曲、アレンジを行う。
(明治学院大学法学部法律学科卒業)
2006年桂座音楽賞グランプリ受賞
2008年kawasaki street music battleⅡグランプリ受賞
2009年厚木グランプリアーティスト'09グランプリ受賞
2010年札幌シティジャズ・パークジャズライブコンテスト・ファイナリスト
2010年東京バンドサミット動員賞受賞。
2010年東京バンドサミットベストプレーヤー賞受賞。
2014年渋谷公会堂ワンマンライブ1600人動員


演奏予定曲…「十六夜と龍 feat.津軽三味線」、「Spain」(チック・コリア カバー)、「Africa」(TOTOカバ
ー)、「Despacito(デスパシート)」他。

【Living Live】
19:30~、20:30~
1演奏30分間、2回行われます。