宮野寛子(ピアノ 作曲) Miyano Hiroko

静岡県富士市出身。父親の仕事の関係で東京・北海道・バンコク・静岡で育つ。
情景を思い浮かべるようなメロディアスな音作りを目指し、オリジナルを中心にした創作活動にも積極的に取り組んでいる。
2011年ポニーキャニオンより「Notes Of Comfort」、2014年ビクターより「Ocean」をリリース、録音されている全てがオリジナル曲でまとめられている。
クオリティーの高い楽曲は評価も高く、全国のFM局を中心にしたラジオ局でオンエアー、テレビCMや、日テレ系「news.every」、テレビ神奈川「Weather report」の天気予報の楽曲を提供するなど多くのメディアで放送されている。
また、ラジオ番組「宮野寛子のComfortな時間」ではパーソナリティ-として、また地元K-MIX(FM静岡)で「おひるま協同組合」にレギュラー生出演するなど幅広く活躍している。

http://www.hirokomiyano.com/
 

坂上領(flute)
1978年6月9日生まれ。B型。180cm、65kg。東京大学教育学部附属中学校にて、中学1年の時に同校のオーケストラに入団するのをきっかけにフルートを始める。日本大学芸術学部音楽学科フルート科に進学し本格的な音楽活動を開始。卒業後、現在に至るまで、様々なジャンルを「広く深く」追求。
自己のユニット『piada』にて「繪本図書館」「天球遊歩道」「雪原夜想曲」の3枚、『チャランガぽよぽよ』にて「チャランガぽよぽよ」「チャランガぽよぽよ2」の2枚をリリース。
これまでに共演、録音参加したアーティストに生田絵梨花(乃木坂46)、Chage、松下奈緒、元ちとせ、NAOTO、高嶋ちさ子、Monday満ちる、Sound
Horizon、加護亜依、スガシカオ、亀梨和也、杉山清貴、南佳孝、河口恭吾、菅原洋一など、多数。その他作品としては、篠山紀信『digi+kishin』、映画『テルマエロマエ2』、『今夜、ロマンス劇場で』、NHK『名曲アルバム』、NHK連続テレビ小説『つばさ』、アニメ『スティッチ!』『ケロロ軍曹』、ゲーム『レイトン教授』シリーズ、『GRAN
TURISMO 5』、『LIGHTNING RETURNS : FINAL FANTASY XIII』など。 また、雑誌「THE
FLUTE」「THE SAX」にて連載、「THE
FLUTE」vol.125では表紙を飾る。2015年には初の著書「坂上領の聴きたい、吹きたい、あれこれ〜Jazz&Pops FLUTE
Lesson Book〜」を出版。現在ではフルートを中心にEWI、リコーダー、オカリナ、ティンホイッスルなども駆使する幅広いスタイルでの音楽活動を展開。

 

【Living Live】
19:30、20:30、21:30 1演奏20分、3回行われます。