“彼女の持つ強靭な意志、長い海外経験から培われた広い視野。それが青木美樹という一人のピアニストの音楽を、説得力あるものにしています。ピアノを聴いているという次元ではなく、豊かな音楽を聴いた、という静かな感動を彼女のピアノは与えてくれるのです。”  

宗次ホール・コンサートプランナー/西野裕之

 

“私は驚くべき若手アーティスト、青木美樹に注目してもらいたいと思います。私のクラスにいた彼女の演奏は多くの機会に聞く事がありました。ソリストとしての彼女の才能と彼女の説得力のある演奏には感動しました。彼女の音楽的意図と音楽への理解がパフォーマーとしての魅力、テクニック、音楽的知性とつながって彼女がステージに上る人である事を証明しているのです。私は暖かく彼女をお勧めします。” 

ジョルジュ・シェベック

 

“…優れた技術、洗練されたディテール、信じられないほど説得力のある音。”

ビスバーデナー・クーリア(ドイツ)

 

“…心に残るパフォーマンス。”

BBCミュージックマガジン

 

 

 

青木美樹2ⒸSikle Woweries
ⒸSikle Woweries

 

青木美樹  (ピアノ)

 

 

東京に生まれる。9歳で渡英。12歳で、ナショナル・フィルハーモニー・オーケストラとのロンドン・フェスティバルホール共演でデビュー。ロンドン、パーセルスクール卒業後、渡米。インディアナ大学、イェール大学大学院卒業。さらに、ドイツ・ハンブルグ音楽大学国家演奏家コースを首席で卒業。故ジョル ジー・シェベック、練木玲子、ボリス・ベルマン、エフゲニー・コロリオフの諸氏に師事。

 

これまでにハンブルグ音楽大学、(ドイツ)ローザンヌ音楽院(スイス)にて教鞭を執る。2012年秋からはグラーツ国立音楽大学(オーストリア)シニア・レクチャラー(上級講師)。

 

イタリア、イブラ国際コンクール入賞、さらにドビッシー特別賞を受賞。エリーゼ・マイヤーコンクール(ドイツ)、コネチカット・ヤングアーチストコンクール、インディアナ大学コンチェルトコンクール(アメリカ)、セント・オーバンズコンクール、ハーロー・ヤン グアーチストコンクール(イギリス)等に優勝および入賞。ニューヨーク・コンサートアーチストギルドコンクール、セミファイナリスト。

 

ヨーロッパ各地、日本、トルコ、インドネシア、カンボジア、タイ、カナダ、アメリカ、ロシアで演奏会に出演。メニューイン・フェスティバル(スイス)、ザルツブルガー・フェストシュピーレ(オーストリア)、バルドレス・フェスティバル(ノルウェー)、コペンハーゲン・サマーフェスティバル(デンマーク)、グレイトレイクス・フェスティバル(アメリカ)など、世界各地の音楽祭に招待される。ワシントン・シンフォニエッタオーケストラ(アメリカ)、ハンブルグカメラータ(ドイツ)、ナショナルシンフォニー、ロンドン・ソリスト室内オーケストラ(イギリス)などと共演。NDR(北ドイツ放送)、バイロイト放送、RBB (ベルリン/ブランデンブルグ放送)、ラジオスイス・ロマンド, ヘッセンラジオ,バルセロナ放送などの番組に出演。タイでは、テレビ番組にも出演。

 

ヴァイオリンの巨匠、イツァーク・パールマンの招待によりパールマン室内楽フェステバルに参加したほか、ヴァイオリニスト・ピエール・アモイヤルとスイス、フランス、カナダで共演。
エリザベート王妃国際コンクールで優勝したヴァイオリンニスト、アンドレイ・バラーノフとはデュオツアーをアメリカ、日本,ヨーロッパ各地で行っている。
室内楽奏者、伴奏者として高く評価され毎年ザルツブルグモーツアルテウム・サマーアカデミーの公式伴奏者として招待されるほか、クロンベルグ・アカデミー(ドイツ)のギドン・クレーメル、マウリシオ・フックス、クリスチャン・テツラフといった世界的音楽家たちのクラスで定期的に伴奏を担当。 スイス、メニューインアカデミーでは、マキシム・ヴェンゲーロフのクラスの伴奏を担当した。

 

2010年、ドイツ・ゲーテインスティチュートの推薦で3週間に渡り東南アジア・ツアーを行う。演奏会を行う他、各地の音楽学校で子供達の指導にあたった。
2011年にはCDレーベル、プロフィール・ヘンスラー(ドイツ)と契約。2011年9月に発売されたデビューCD、コダーイのピアノ曲集は幅広く紹介され、ピアノニュースマガジン、BBCミュージックマガジンでも高く評価された。2013年春には2枚目のCD、「ベリャーエフ・プロジェクト」をリリース。

 

 

 

 

【青木美樹さんからのコメント】

9月18日にサンデーブランチクラシックに出演させて頂くことになりとても嬉しく思っています。

先月、日本でも発売された私の新譜のテーマは1920年代のパリです。このアルバムは、クラシック音楽がカフェやバーでも”身近に聴ける音楽”になるように努力をしたパリの作曲家たちの作品を収録したものです。今回のプログラム、CDからはサティのジムノペディ第1番、又ショパンやエルガーの名曲のほか世界的ピアニスト、ファジル.サイ作曲のサマータイム変奏曲なども選曲しました。皆様にお会い出来るのを楽しみにしています。

 

 

 

 

【サンデー・ブランチ・クラシック】

開演時間  13:00~

出演者:
青木美樹(ピアノ)

 

予定曲目:
サティ ジムノペディ第1番
エルガー 愛の挨拶、愛の言葉
ショパン バラード第3番
ファジル∙サイ サマータイム変奏曲

 

 

 

ご予約はこちらから

※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。