鈴木 舞(ヴァイオリン)

2007年チャイコフスキー国際コンクール最年少セミファイナリスト、 2013年、ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール(クロアチア)で第1位、オーケストラ賞。オルフェウス室内楽コンクール(スイス)第1位。2016年、スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクール第2位。

東京藝術大学を経て、ローザンヌ、ザルツブルグ、ミュンヘンで研鑽を重ねる。フィンランド・クオピオ交響楽団と共演したショスタコーヴィチ第1番、チェコ・モラヴィアフィルとのモーツァルト第5番、クロアチア・ザグレブフィルとのメンデルスゾーン、スイス・ローザンヌ室内管やクロアチア・ドゥブロヴニク交響楽団とのプロコフィエフ第2番などが高評を得ている。
2012年度シャネル・ピグマリオン・デイズ・アーティスト、2012-13年度文化庁芸術家在外派遣研修員、2015-16年度ローム ミュージック ファンデーション奨学生、2017年度メニューイン・ライブミュージック・ナウ(ドイツ)奨学生。
2017年7月にはフランス・コルマール音楽祭にリサイタル・デビューし、9月にデビューCD「Mai favorite」をリリース。使用楽器は1683年製のニコロ・アマティ。ミュンヘン在住。
 

 

 

 

加藤大樹(ピアノ)

第7回東京音楽コンクールピアノ部門第1位、及び聴衆賞受賞。第17回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位。第5回ASEAN国際協奏曲コンクール(インドネシア)第1位。第33回ピティナ・ピアノコンペティション特級全国決勝大会銀賞、併せて王子賞受賞。第10回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAコンチェルトC部門アジア大会銀賞。第11回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール(ドイツ)Bカテゴリー第3位。
また第9回パデレフスキ国際ピアノコンクールにおいて第3位、及びビドゴシュチ市長特別賞(古典ソナタ最優秀演奏賞)受賞。
これまでに東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、インドネシア国立交響楽団、パデレフスキ・フィルハーモニー交響楽団と共演する他、日本国内各地はもとより、イギリス、イタリア、ドイツ、ポーランド、シンガポールなど国内外でも数多くのコンサートに出演する。
昭和音楽大学卒業。現在、昭和音楽大学院1年、同附属ピアノアートアカデミー在籍。
江口文子氏に師事。

 

 

 

【サンデー・ブランチ・クラシック】

開演時間 13:00~

出演者:
鈴木 舞(ヴァイオリン)
加藤大樹(ピアノ)

 

予定曲目:
モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ K.305 第1楽章
シューマン ヴァイオリン・ソナタ 第1楽章
ブラームス ハンガリア舞曲第1番
シマノフスキ ロマンス
パデレフスキ ヴァイオリン・ソナタ 第1楽章
※曲目は変更となる場合が御座います。

 

 

ご予約はこちらから

※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。