世界3大ジャズフェスティバルの一つといわれるモントルー・ジャズ・フェスティバルコンペティションにエントリーし、日本人女性初のファイナリストに残る天才。

オリジナル曲とスタンダードジャズの名曲を集めた自身初のピアノ・トリオ・アルバムを、この日にリリース。
このリリースライブではクラシック曲からジャズまでをピアノソロでお楽しみいただけます。

 

 

 

細川千尋(ピアノ)

 

富山県出身。幼少よりピアノが大好きで、時間があればピアノに向かっていた。
数々の賞を受賞し、2013年には、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバル・ソロ・ピアノ・コンペティションにて、日本人女性初のファイナリストとなる。
同年11月、富山でソロ・コンサートを行い、モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・かわさきでは、チューチョ・ヴァルデス公演のオープニング・アクトを務め、連弾で共演。
2014年4月にはアルテリッカしんゆり芸術祭にてソロ・コンサート、8月にはミューザ川崎シンフォニーホールでガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーをオーケストラと共演。
9月、モントルー(スイス)で行われたセプテンバー・ミュージックにソロで出演。川崎市アゼリア輝賞受賞。同年11月21日、全曲ソロ・ピアノ・オリジナル作品のデビューCD『Thanks!』をイノセントミュージックより発売。これまでに、イタリア、スイス、ベルギーでソロ・リサイタルを開催。
幅広いジャンルの演奏活動を国内外で行っている。クロスオーバーなオリジナル曲とトークも交えたソロ・ピアノコンサートは、高い評価を得ている。
2016年2月に発表されたセカンド・アルバム『I’m home!』も好評発売中。2017年2月14日には大阪・ザ・シンフォニーホールにて大阪交響楽団をバックに熱演を披露。好評を博し、2018年の再演が決まっている。
昭和音楽大学大学院修了。現在、昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミーに在籍。江口文子氏に師事。

 

 

 

【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

出演者:
細川千尋(ピアノ)

 

予定曲目:
Summer time(ガーシュウィン)
Alfie(バカラック)
Holiday(オリジナル)

※曲目は変更となる場合が御座います。

 

 

ご予約はこちらから

※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。