◆予定曲目;

W.A.Mozart Sonata for Violin and Piano C Major KV296
モーツアルト ヴァイオリン ソナタ ハ長調 作品296

Beethoven Sonata for Violin and Piano E-flat Major No.3 Op.12
ベートーヴェン ヴァイオリン ソナタ 変ホ長調

※曲目は変更となる場合がございます。


柳田茄那子 Kanako Yanagida(ヴァイオリン)

2歳2ヶ月よりスズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部に入学後、渡英。英国王立音楽院音楽学部、同大学院にてジョルジュ・パウクに師事、6年間の留学を経て2016年首席で卒業。過去、第55回日本学生音楽コンクール小学生の部第1位、同コンクール中学の部第2位。第78回日本音楽コンクール入選。福島育英会より2010年度『福島賞』を受賞の他、英国王立音楽院学内賞も多数受賞。2017年4月銀座王子ホールにて帰国記念リサイタルを開催し好評を博す。2018年-2019年に渡る第5期サントリー室内楽アカデミーフェローに選出され活動中。また、後進の育成にも取り組んでいる。過去、サントリーホール、東京芸術劇場、東京オペラシティ大ホール等にて東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団他とソリスト共演。
http://kanakoyanagida.com

居福健太郎(ピアノ)

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京芸術大学を経て同大学院修士課程修了。
これまでに東京交響楽団、日本フィル、オーケストラ・アンサンブル金沢、セントラル愛知交響楽団、仙台フィル、をはじめ数多くのオーケストラとの共演。国内各地で充実した演奏活動を展開している。
室内楽奏者としてヘンリック・ヴィーゼ(バイエルン放送交響楽団首席奏者)、ユルンヤーコプ・ティム(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団首席奏者)、五嶋龍、戸田弥生、山崎伸子、三浦一馬、松山冴花との共演や、小菅優とのピアノデュオをはじめ、多くの奏者から強い信頼を得ている。また歌曲伴奏にも積極的に取り組んでいる。
後進の指導にも力を入れており、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校非常勤講師を経て、現在東京芸術大学非常勤講師。


【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

出演者:
柳田茄那子(ヴァイオリン)
居福健太郎(ピアノ)

ご予約はこちらから
※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。

◆ご予約の際は必ずこちらをご確認ください