松田理奈(ヴァイオリン)


©岡部 太郎

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2007年に同大学を卒業、2010年には同大学院を首席にて修了。1999年に初ソロリサイタルを開催した後、2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、同コンクール史最年少優勝。2002年にはトッパンホールにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。2007年、サラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。第12回ホテルオークラ音楽賞、秋吉台音楽アカデミー賞受賞、2013年新日鉄住金音楽賞受賞。
これまでにNHK交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、ヤナーチェク・フィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など数々のオーケストラや著名指揮者と共演。
2006年ビクターエンタテインメントよりデビューアルバム『ドルチェ・リナ~モーツァルト2つのヴァイオリン・ソナタ他』をリリース。全国ツアーを各地完売で沸かせた後、2008年巨匠パーヴェル・ギリロフと録音した『カルメン』、2010年には紀尾井ホールにて清水和音とのリサイタルをライブ収録した『ラヴェル・ライブ』をリリースした。同年収録のイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲集は、「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ばれた。そして、2018年5月にはブラームスとフランクのソナタを収録した5枚目のアルバムをリリースした。

松田理奈オフィシャル・ホームページ http://linamatsuda.com

 

【松田理奈さんよりコメント】

いつもOTOARTという子供向けイベントでSBCにお世話になっておりましたが今回は久し振りに純粋にSBCとしての出演となります。
ここ数年「ちょっとうちのサロンで弾いてくれる?」とか「今日のホームパーティ、クラシックが大好きな人が多くてちょこっと演奏してもらえたら嬉しいな」というお誘いが多くヴァイオリン一丁で響きをお届けして参りました。
そのような場で人気だった曲を今回のSBCでは披露したいと思っております。
ピアノとの曲もありますがそこをあえて無伴奏で演奏するとどう感じるか、友人宅の「リビングルーム」にお邪魔したら急に音楽時間が始まった!というまさにこのカフェのコンセプトにぴったりの時間を、是非お楽しみください。

 

【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

出演者:
松田理奈(ヴァイオリン)

予定曲目:
ビーバー パッサカリア
エルガー 愛の挨拶
イザイ 無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番より
ヴィターリ シャコンヌ

※曲目は変更となる場合がございます。

 

ご予約はこちらから
※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。

◆ご予約の際は必ずこちらをご確認ください