松田 理奈 Lina Matsuda (Violin)

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研
鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2007年に同大学、2010年には同大学院
をそれぞれ首席にて卒業。1999年に初ソロリサイタルを開催した後、2001年第10回日本モーツァル
ト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、同コンクール史最年少優勝。2002年にはトッパンホー
ルにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コン
クール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。2007年、サラサーテ国際コンクール
にてディプロマ入賞。第12回ホテルオークラ音楽賞、秋吉台音楽アカデミー賞受賞、2013年新日鉄
住金音楽賞受賞。
これまでにNHK交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日
本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽
団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、
ヤナーチェク・フィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など数々のオーケストラや著名
指揮者と共演。
2006年ビクターエンタテインメントよりデビューアルバム『ドルチェ・リナ~モーツァルト2つの
ヴァイオリン・ソナタ他』をリリース。全国ツアーを各地完売で沸かせた後、2008年巨匠パーヴェ
ル・ギリロフと録音した『カルメン』、2010年には紀尾井ホールにて清水和音とのリサイタルをラ
イブ収録した『ラヴェル・ライブ』をリリースした。同年収録のイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソ
ナタ全曲集は、「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ばれた。

松田理奈オフィシャル・ホームページ http://linamatsuda.com

 

 

中野 翔太 Shota Nakano(Piano)

茨城県つくば市生まれ。江戸弘子に師事し、1999 年からジュリアード音楽院プレ・カレッジに留学。
その後、同音楽院に進み、ピアノをカプリンスキーに、室内楽をパール マンに師事、2009 年に同大
学院を卒業。これまでに明治安田生命クオリティオブライフ文化財団、財団法人江副育英会の助成
やソニー・フェローシップ・グラントを受けている。
1996 年第 50 回全日本学生音楽コンクール小学生の部で全国 1 位および野村賞受賞。これまでにデュ
トワ指揮/N 響、小林研一郎指揮/読響、小澤征爾指揮/ウィーン・フィル等と多数共演。リサイタ
ルでは、2004 年第 20 回<東京の夏>音楽祭、2006 年東京オペラシティ主催「B→C」、2007 年トッ
パンホール、2009 年紀尾井ホール、2012 年、2015 年東京文化会館小ホールなど毎年意欲的な活動を
続けている。最近では、ジャズの松永貴志と即興も交えた 2 台ピア ノの演奏で、各地で好評を得て
いる。
CD は、オクタヴィア・レコードより、「シューマンピアノ曲集」、「ガーシュウィンピアノ曲集」
をリリース。2 枚の CD はいずれもレコード芸術誌の特選 盤、”ガーシュウィン”は、あわせて優秀
録音盤に選出された。2014 年 6 月には、アシュケナージ指揮/NHK 交響楽団と共演、豊かな表現力
と透明感のある響きで好評を得る。また同じく 6 月にラヴェル作品を中心とした NEW アルバム『ラ・
ヴァルス~ラヴェル&コリリアーノ:ピアノ作品集』が発売された。第 15 回出光音楽賞受賞。

 

 

【サンデー・ブランチ・クラシック】

開演時間  13:00~

出演者:
松田 理奈(ヴァイオリン)
中野 翔太(ピアノ)

 

予定曲目:
ラヴェル  ヴァイオリンソナタより第二楽章
ショパン  バラード第1番
ピアソラ  オブリビオン
ピアソラ  リベルタンゴ
※曲目は変更となる場合がございます。

 

 

ご予約はこちらから

※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。