予定曲目:

魔王(シューベルト)
放蕩者(R.シュトラウス)
オラトリオ「メサイア」より
「何故、諸々の人々は」(ヘンデル)
オペラ「ハムレット」より
「酒よ憂さを晴らせ」(トマ)
オペラ「セヴィリアの理髪師」より
「俺は街の何でも屋」(ロッシーニ)

※曲目は変更となる場合がございます。


明珍宏和(バリトン) Hirokazu Myochin


©Christophe. K
東京音楽大学卒業。二期会オペラ研修所、第53期マスタークラス修了。第57回全日本学生音楽コンクール東京大会奨励賞。第12回日本アンサンブルコンクール優秀演奏者賞、全音楽譜出版社賞。第22回友愛ドイツ歌曲コンクール入選。第1回ジュリアード音楽院声楽オーディション、半田博士奨励賞を受賞。ベートーヴェン「第九」のソリストとして、これまでに「なると第九」(徳島県、2014)、アラタニ日米劇場(ロサンゼルス、2015)、日米文化会館(JACCC)の招聘を受けてウォルト・ディズニーホール(ロサンゼルス、2017)に出演。現在はベルリン、パリなどで研鑽を磨きつつ、ドイツ音楽を主軸にしながら活動中。


明珍宏和さんよりメッセージ

音楽は愛を紡ぎ出してくれます。その愛の奏でを一心に聴く人たちもまた愛で溢れ、そこには平和で本当に素敵な時間が流れます。僕はその何とも素晴らしい時間を過ごすのが大好きです。
今回はじめてサンデーブランチクラシックに出演いたしますが、お出かけしてくださる皆様方と一緒にそんな一時を過ごす事が出来ましたら最高に嬉しいです。
爽快感あふれるプログラムと共に、皆様のご来場お待ち申し上げます。


圓谷俊貴(ピアノ) Toshiki Tsumuraya

福島県出身。4歳よりピアノ、18歳より声楽、20歳よりチェンバロを学ぶ。東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻、同大学器楽科古楽チェンバロ専攻両科卒業。モーツァルト『レクイエム』にてソリストとしてデビュー、ヘンデル『メサイア』等の宗教曲を中心にソリストとして活躍。また、チェンバリスト、通奏低音奏者として様々な公演&古楽オーケストラに参加。伴奏ピアニスト、コレペティートルとしての評価も高く、様々な歌手と共演を重ね信頼を得ている。声楽を鈴木寛一、Gerd Turk、Rufus Muller、野々下由香里の各氏に、チェンバロを大塚直哉、広沢麻美の各氏に、ピアノとフォルテピアノを小倉貴久子氏に師事。

【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

出演者:
明珍宏和
圓谷俊貴

ご予約はこちらから
※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。

◆ご予約の際は必ずこちらをご確認ください