◆予定曲目;
ラフマニノフ:
『幻想的小品集』より
・エレジー Op.3-1
・前奏曲≪鐘≫ Op.3-2

リスト:
・愛の夢‐3つのノクターン第3番「おお、愛しうる限り愛せ」
・超絶技巧練習曲第11番「夕べの調べ」

※曲目は変更となる場合がございます。


寺根佳那(ピアノ)

東京音楽大学大学院修了。ベルーナ人材育成奨学金第一回奨学生に選抜され、渡露。チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を最優秀で修了。エレーナ・リヒテル教授に師事。
卒業時、ディプロマ授与式にて代表で演奏。 伊・チェルボ国際音楽祭にて、大トリで演奏。伊「Imperia TV」出演。在ロシア日本国大使館主催、ロシアにおける日本年2018(モスクワ)、
ラフマニノフホール(モスクワ)、リスト記念館ホール(ハンガリー)、サンタ・カタリーナ教会(イタリア)、ラ・フォル・ジュルネ新潟2016他、国内外主要ホールにて演奏。

2020年5月、オクタヴィア・レコード(TRITONレーベル)より、デビューCD「MISSA」をリリース。SONY中国ハイレゾ公式サイトで推薦盤に選出。
『レコード芸術』で準特選盤に選出され、「この作曲家一流のデリケートな抒情世界を終始見事に展開しており、出色。格別に注視したい新星である。」「一聴してロシアのピアニズムと分かる見事な演奏である。」と評された。
また、同誌New Disc Collectionに選出され、「ロシアン・ピアニズムが堪能できる寺根佳那のデビュー盤」、「寺根の演奏は、濃密な音彩を持つ響きや柄が大きく豊かな歌心などに、
ロシアン・ピアニズム&ロマンティズムの芸風を窺わせるがスクリャービンのソナタの神秘感、ラフマニノフ作品の豊潤さの表出にも、実力の高さが示されている。」と評された。
FM大阪『おしゃべり音楽マガジン くらこれ!』にてデビューCDが紹介され、調布FM『人生の玉手箱』オープニング・エンディング曲に採用、かわさきFM『ひみつディスコFM』ゲスト出演等各方面から好評を得ている。ミス・インターナショナル&ミス・ワールド2012ファイナリストに選出され、モデルとしても活動。日本演奏連盟正会員。

寺根佳那CDリリース記念ピアノ・リサイタル
2021年1月23日(土)14:00 開演  彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
2021年1月28日(木)19:00開演  宝塚ベガ・ホール

【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

出演者:
寺根佳那(ピアノ)

ご予約はこちらから

※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。
※イベントご参加時は飲食時以外はマスクの着用をお願いしております。
※待合スペースはございません。店舗入口でのお待ち合わせはご遠慮ください。店内でお待ち合わせをされる場合は、座席でお待ちいただくようお願いいたします。

★新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みについてはこちらから

◆ご予約の際は必ずこちらをご確認ください