予定曲目;

ロッシーニ:≪セヴィリアの理髪師≫より「俺は街の何でも屋」
ヴォルフ:「メーリケ歌曲集」より 炎の騎士
武満徹: 「死んだ男の残したものは」

グノー:≪ファウスト≫より「私が祖国を去る前に」
プロコフィエフ:≪戦争と平和≫より「輝くばかりの春の夜空だ」
ヴェルディ:≪ドン・カルロ≫より「私は死にます」

※曲目は変更となる場合がございます。


大西宇宙(バリトン) Takaoki Onishi

武蔵野音楽大学及び大学院卒業。イタリア声楽コンコルソ金賞・バリトン特賞を受賞後、IFACジュリアード音楽院声楽オーディションにて最優秀賞を受賞しジュリアード音楽院に入学。

2015年から3年間のシカゴ・リリック歌劇場ライアン・オペラ・センター所属中に「エフゲニー・オネーギン」「真珠採り」「カルメン」「リゴレット」など数多くのオペラやプラシド・ドミンゴのガラコンサートに出演。

2018年12月にはニューヨークのプリミアオペラ財団国際声楽コンクールで優勝し、同時にホロストフスキー記念特別賞を受賞。日本ではベートーヴェン第9番交響曲のソリストを務める他、飯森範親指揮「カルミナ・ブラーナ」、広上淳一指揮ブラームス「ドイツ・レクイエム」、プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団「イオランタ」、高関健指揮京都市交響楽団「戦争レクイエム」などに出演。2019年2月にはカーネギーホールにてニューヨーク・オラトリオ協会主催のシベリウス「クレルヴォ」交響曲のソリストを務め高く評価された。第30回五島記念文化賞 オペラ新人賞受賞。公式HP:https://www.takaokionishi.com/


~大西宇宙さんよりメッセージ~
この度、イープラス・カフェ初出演と言うことで、リート、日本歌曲、各国のオペラなど、他では味わえないバラエティ豊かなプログラムを用意しました。
今回は「バリトン」という声の魅力に焦点を当て、陽気な理髪師の歌や、ちょっとおどろおどろしいドイツ歌曲、もの悲しい日本歌曲、そして重厚なアリアなど
バリトンの特徴とも言える、声の深みと華々しさの両方を、存分に味わって頂けたら幸いです。


筈井美貴(ピアノ) Miki Hazui

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科、同大学院修了。在学中、レインボウ21サントリーホール デビューコンサートなどに出演。平成20年度武蔵野音楽大学福井直秋記念奨学生。

第9回滋賀県新人演奏会部門優秀賞、第13回ノーヴイ国際音楽コンクール 第2位、第11回メンデルスゾーン・カップ (イタリア)第1位及びルービンシュタイン賞など、受賞多数。ワシントンDC在アメリカ日本大使館での特別演奏会、ニューヨークのオペラ・アメリカでのリサイタルなどに出演し好評を得るなど、国内外で声楽家との共演を中心に活動している。

これまでにピアノを小門敬子、ジュリア・ガネヴァの各氏に、伴奏法を横山修司氏師事。

【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

出演者:
大西宇宙
筈井美貴

ご予約はこちらから
※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。

◆ご予約の際は必ずこちらをご確認ください