伊藤悠貴 チェロ

 

平成元年東京出身、15歳で渡英。21歳でブラームス国際コンクールおよび、英国の最高峰ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝、現在最も注目を集める若手チェリストの一人。

2011年於ウィンザー城・名門フィルハーモニア管弦楽団定期公演にてメジャーデビュー。国内外主要オーケストラ、V.アシュケナージ、D.ゲリンガス、J.ロイド=ウェバー、大友直人、山下一史らと共演。リサイタルでは横山幸雄、梯剛之らと共演を重ね、2016年には宮沢賢治生誕120年記念NHK全国放映リサイタルを開催、その映像は世界各国で放映され、100年記念はヨーヨー・マが行った大役を担った。ロイヤル・フェスティバル・ホールでのリサイタル、英国王室エドワード王子直々の招待による御前演奏をはじめ、ロンドンを拠点に欧州、北米、アジア、アフリカ各国から公演・音楽祭に招かれ、献呈作品の世界初演も多数行う等、国際舞台での活躍を続けている。

ライフワークとするラフマニノフ作品の演奏において特に高い評価を得ており、NHKテレビ・ラジオにて多数放送、またデビュー盤『ラフマニノフ:チェロ作品全集』は世界的音楽誌ストラッド「特選盤」など英米日メジャーメディアより絶賛を博している。2017年11月15日に2ndアルバム『ザ・ロマンティック』(ソニー・ミュージック)をリリース予定。

王立音楽大学首席卒業。倉田澄子、A.ボヤルスキー、D.ゲリンガス各氏に師事。
現在指揮者としても活動中。シャネル・アーティスト。

公式HP: www.yukiitocello.com

 

 

 

福原彰美 ピアノ

Photo by Betsy Kershner, 2015. www.betsykershner.com

 

‘94年PTNA・C級金賞、’95年日本学生音楽コンクール小学生の部西日本大会2位他。15歳で単身渡米し、サンフランシスコ音楽大学、ジュリアード音楽院で学ぶ。リンカーンセンター、ケネディーセンター、カーネギーホール等の主要なホールで演奏、アメリカ国内外のオーケストラと共演する。ニューヨークのメトロポリス・アンサンブル主催のコンサートでの演奏がニューヨークタイムズ紙で好評を得る。また2013年、サンフランシスコ交響楽団の室内楽シリーズに出演し、サンフランシスコ・エグザミナー紙にて絶賛される。
室内楽ではクリスティーヌ・ワレフスカ氏、フレッド・シェリー氏、アレクサンダー・バランチック氏ら世界的な奏者と数多く共演。クリスティーヌ・ワレフスカ氏の日本・台湾・エクアドル等でのツアーに参加する。2014年3月にチャイコフスキー国際コンクール覇者であるナサニエル・ローゼン氏と仙台にて東日本大震災復興支援コンサートで共演する。
これまでに学研プラッツレーベルより2枚のソロCDを発売、ナクソス・ミュージック・ライブラリーより配信が開始される。クリスティーヌ・ワレフスカ氏の伴奏を務めたアルバムが日本ウエストミンスター社及び日本タワーレコードより発売中。また台湾では、高雄オーディオショー制作のLPレコードや奇美美術館のプロジェクトによるCDが発売される。
これまでに、多胡まき枝、故・松岡三恵、マック・マックレイ、シャロン・マン、ヨヘイヴェド・カプリンスキー、ルース・スレンチェンスカの各氏に師事。2011年シャネル・ピグマリオンデイズ参加アーティスト。

公式ホームページ www.akimifukuhara.com

 

 

 

【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

 

出演者:
伊藤悠貴(チェロ)
福原彰美(ピアノ)

 

予定曲目:
エルガー:愛の挨拶 作品12
シューマン:献呈 作品25-1(伊藤悠貴編)
スクリャービン:ロマンス
雁部一浩:ロマンス(伊藤悠貴編)
チャイコフスキー:ユモレスク 作品10-2(ゲリンガス編)
アイアランド:聖なる少年(伊藤悠貴編)
R.シュトラウス:あなたは私の心の冠 作品21-2(伊藤悠貴編)
ラフマニノフ:夜のしじま 作品4-3(伊藤悠貴編)
ポッパー:ハンガリー狂詩曲 作品68

 

 

ご予約はこちらから

※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。