鈴木 舞 (ヴァイオリン)

東京藝術大学卒業、ローザンヌとザルツブルグで研鑽を積む。2007年チャイコフスキー国際コンクール(ロシア)最年少セミファイナリスト。2013年ヴァーツラフ・フムル国際コンクール(クロアチア)、オルフェウス室内楽コンクール(スイス)優勝。2016年スピヴァコフ国際コンクール(ロシア)第二位。読響、東響、ホーフ響、モラヴィアフィル、クオピオ響、ローザンヌ室内管等、内外のオーケストラと共演を重ねるほか、各地で室内楽やリサイタルに招かれている。2017年9月にデビューCD「Mai favorite」をリリース。使用楽器は1683年製のニコロ・アマティ。ミュンヘン在住。
https://maiviolin.com/

伊藤 亜美(ヴァイオリン)

東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。渡欧しスイス・ローザンヌ高等音楽院、英国王立北音楽院、オーストリア・グラーツ芸大にて研鑽を積む。現在は東京を拠点に、ソロ・室内楽からオーケストラ、コンサートマスターなど、精力的に活動中。ウィーンの教会でバッハとバルトークを録音した2016年リリースのアルバム『A』はレコード芸術誌特選盤に推薦された。これまでに日本フィル、仙台フィル、ロイヤル・リヴァプール・フイルなど数々のオーケストラと共演。日本音コン、マンチェスター国際優勝。2017年より一児の母。日々奮闘中!
www.amiito.com

安達 真理(ヴィオラ)

4歳よりヴァイオリンを始め、桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向。ウィーン国立音楽大学を経て、ローザンヌ高等音楽院ソリスト修士課程修了。インスブルック交響楽団にて、副首席ヴィオラ奏者を務めた。
現在ソリストやゲスト首席のほか、クァルテット・レストロ・アルモニコ、Ensemble FOVE、パーヴォ・ヤルヴィ氏率いるエストニア祝祭管弦楽団のメンバーとして、国内外で活躍。
1月に深沢亮子氏とデビューアルバム「Winterreise」をリリース。「彼女の音色の美しさや気品の高い表現が生きていて評価できる (レコード芸術3月号)」など好評を博す。
http://www.mariadachi.com

内田 麒麟(チェロ)

大阪府出身。京都薬科大学入学と同時に学内のオーケストラにてチェロを始める。その後諸々経て、東京芸術大学大学院器楽科修士課程を大学院アカンサス賞を受賞して修了。受賞に際しては自作曲を演奏したことで、すっかり変人視されることとなる。クラシックのみならず、ジャズミュージシャンや和楽器奏者とのコラボレーション、タンゴ、ロックなど様々なジャンルで自在に演奏活動を行うほか、レコーディングやテレビ出演等も多数行う等、活動の幅は多岐にわたる。本名がなかなか覚えてもらえないという理由で、2017年からアーティスト名を内田麒麟として活動。

【アーティストからのコメント】
このコンサートの為に、ものの1時間で結成が決まった『超速』カルテット。気の合う仲間たちの密度の濃い演奏とともに、美味しい時間を過ごしに来てください♪

【サンデー・ブランチ・クラシック】

演奏時間:
13:00~

出演者:
鈴木 舞 (ヴァイオリン)
伊藤 亜美(ヴァイオリン)
安達 真理(ヴィオラ)
内田 麒麟(チェロ)

予定曲目:
モーツァルト ディベルティメント K.136
ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲「アメリカ」~第1楽章
ブラームス ハンガリア舞曲 第5番

※曲目は変更となる場合が御座います。

 

ご予約はこちらから

 

※お席の混雑状況によっては、ステージが見えづらい場合やご相席のお願いをする場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※お席には限りがございます。満席の場合、ご入店をお断りさせて頂きますが、悪しからずご了承ください。
※本企画・アーティストの宣伝・告知を目的に、映像収録・写真撮影が入る場合がございます。客席が映り込む場合がございますが、あらかじめご了承ください。
※当店舗の環境、立地の関係上、周辺店舗の営業状況や催しの内容により、騒音、振動の影響がある場合があります。予めご了承ください。

◆ご予約の際は必ずこちらをご確認ください