北野里沙(Vo)

 

東京音楽大学院修了。

18歳の時、サラブライトマンでオペラに目覚め、突如音大受験を決意!卒業後、本場イタリアへ渡る。

留学中、路上で日本のうたを歌っていたことがキッカケとなり、2014年「母からの手紙」(作詞・作曲 北野里沙)でメジャーデビュー。(クラウンレコードより発売)

2013年以降、イタリア・ロッシーニ歌劇場、バチカン市国・聖パオロ大聖堂にて、ソプラノ ソリストとして出演。

その他、WBA世界戦フェザー級内山高志チャンピオン戦 国歌独唱、神宮球場花火大会オープニングアクト、

日比谷シアタークリエ「クリエンターレ」出演、FMヨコハマ 「First Position」レギュラーパーソナリティー等を務める。

 

2015年6月よみうり大手町ホールにてメジャーデビュー後初のホールワンマンを開催。

現在、シンガーソングライター/ソプラノ歌手として、幅広く活動している。

 

■北野里沙さんメッセージ

Sarah BrightmanやFilippa Giordano、Nana Mouskouri等の
クロスオーバー歌手に憧れて、18歳の時に突然クラシックに目覚めた私。
今回は昔から多くの方に愛されてきた映画音楽や世界の民謡、クラシックをカジュアルに!!
クリスマス前の温かなひと時を皆さんと一緒に過ごせたらと思います♡